透析の初期段階において

水を飲む人

人工透析というのは、根本的にかなり安定している治療法になります。ですから、基本的に安心できるのですが、それでも透析にまだ慣れていない場合には副作用的なことが起きることがあります。合併症ともいえることがあるのです。特にいえるのが透析導入期にあることです。
まず、透析中、或いは透析終了後12時間以内によく起こる可能性があるのが頭痛や吐き気になります。これは透析を行って、身体の中の血液が綺麗になることによって、身体の血液の汚染度が低くなるのですが、実は脳内の老廃物に関してはなかなか取りにくいことがあり、その濃度の差によって吐き気が起きるのです。具体的には脳内の老廃物を綺麗にしようと身体が動き、水分をより多く吸収しようとするのです。これにって、吐きやすい状況、頭痛などが起きるようになります。
予防法としては、水分や塩分の摂取を控えておく、ということである程度抑えることができるようになっています。或いは透析の時間を長くすることによって、防ぐことができます。初期段階においておきやすいことであり、透析を長くやるようになりますと慣れもありますし、またそもそも血液が根本的に綺麗になりますから、起きなくなることが多いです。

choices article

担架

上手く透析と付き合うには

一概に腎臓の働きが低下した、している状態といっても大きく違いがあることになります。ですから、食事療法や薬物療法だけでどうにかなることもあります。しかし、それでは駄目であり、透析をしないといけない…

水を飲む人

透析の初期段階において

人工透析というのは、根本的にかなり安定している治療法になります。ですから、基本的に安心できるのですが、それでも透析にまだ慣れていない場合には副作用的なことが起きることがあります。合併症ともいえる…

注射

透析による弊害などについて

透析というのは、透析を始めたときにどうしても合併症や具合が悪くなることがあります。例えば、一つとして高血圧があります。これによって、頭痛や吐き気が起きることがあります。高血圧の原因となるのが水分…