上手く透析と付き合うには

担架

一概に腎臓の働きが低下した、している状態といっても大きく違いがあることになります。ですから、食事療法や薬物療法だけでどうにかなることもあります。しかし、それでは駄目であり、透析をしないといけない、ということもあるでしょう。
自分の腎臓の働きというのは、極めて重要であり、動かなくなりますとそれこそ命がなくなります。ですから、まさに命に直結することになります。では、その透析治療が必要になるのはどんな場合か、といいますと一般には不純物、老廃物のたまり具合が通常時の10倍以上となりますともう透析をしたほうがよいとされています。
具体的にいいますとクレアチニンが8mg/dl以上、尿素窒素でいえば、100mg/dl以上という一定の基準がありますから、これは知っておくとよいでしょう。もちろん、自覚してわかるようなことではありませんが健康診断などでこうした数値を見るとわかることはあります。
透析ですが、一度やりますとほぼ一生やることになりますから、それは覚悟しておいた方がよいでしょう。しかし、腎不全で死ぬ、ということがなくなるのです。それが透析治療の素晴らしいところであるといえるでしょう。上手く透析と付き合うようにすることです。

choices article

担架

上手く透析と付き合うには

一概に腎臓の働きが低下した、している状態といっても大きく違いがあることになります。ですから、食事療法や薬物療法だけでどうにかなることもあります。しかし、それでは駄目であり、透析をしないといけない…

水を飲む人

透析の初期段階において

人工透析というのは、根本的にかなり安定している治療法になります。ですから、基本的に安心できるのですが、それでも透析にまだ慣れていない場合には副作用的なことが起きることがあります。合併症ともいえる…

注射

透析による弊害などについて

透析というのは、透析を始めたときにどうしても合併症や具合が悪くなることがあります。例えば、一つとして高血圧があります。これによって、頭痛や吐き気が起きることがあります。高血圧の原因となるのが水分…