透析

腹膜透析とはどのくらいの患者がいるのか

心臓マッサージ

腹膜透析療法というのは、血液透析を選択しない場合にやることになる透析法になります。腹膜透析ですが、これは自分の腹の中に透析液を入れることになります。どうしてそんなことをするのか、といいますと自分の腹膜を利用することになるからです。
血液を綺麗にする為の濾過装置として自分の腹膜を使うのが腹膜透析になります。これには色々と特徴があります。まず、僅かずつではありますが毎日毎日やることになりますから、緩やかにやることができるようになります。そして、腎臓の機能も僅かでもまだ使うことができるようになります。ですから、安定している透析方法であるといえます。
そして、全体的に安定しているのであれば、通院が月に1~2回程度でよい、ということになります。つまりは、自宅でもできるわけです。自分で透析液を交換することができるので生活スタイルをそこまで崩すことがなく、上手く社会生活を行うことができるようになります。それでもそんなにやっている人が極端に多くない、或いは血液透析と二分するほどの割合ではない、というのは自分でやらないといけないことがあるからです。その点がややネックであるといえるでしょう。しかし、よいやり方ではあります。

choices article

担架

上手く透析と付き合うには

一概に腎臓の働きが低下した、している状態といっても大きく違いがあることになります。ですから、食事療法や薬物療法だけでどうにかなることもあります。しかし、それでは駄目であり、透析をしないといけない…

水を飲む人

透析の初期段階において

人工透析というのは、根本的にかなり安定している治療法になります。ですから、基本的に安心できるのですが、それでも透析にまだ慣れていない場合には副作用的なことが起きることがあります。合併症ともいえる…

注射

透析による弊害などについて

透析というのは、透析を始めたときにどうしても合併症や具合が悪くなることがあります。例えば、一つとして高血圧があります。これによって、頭痛や吐き気が起きることがあります。高血圧の原因となるのが水分…